Statement

The countries that we often see in the media are some very limited countries such as Europe, the United States, resorts area etc…

According to ISO3166-1, There are 245 countries in the world, each country has beautiful scenery, beautiful people, unique culture, ruins, there is no the same as one.Each country has very unique and has brilliant existence.

On the contrary, there is darkness no matter where you go in the world, there are conflicts, there are poverty, and countries that are in crisis are also in now a situation.

Culture is deprived with the passage of time, nature is destroyed, and may not be able to see the same thing in the near future.

I want to see the earth that is undergoing such change with my own eyes, I strongly want to record and set the goal of visiting all the countries in the world.

I am just a traveler who passes in an instant like the wind.

Even if I get to know politics and culture only then, I can not confront this problem and I can not do much to tell. 

However, as traveler,and as a photographer I began to think that I could be convey “the beauty of the country”.

Beauty is a universal matter at the base of human beings. And its beauty is a gift from God to keep in posterity.

There is a wonderful thing like a jewel in every country and every frontier.

I hope many people will turn to the distant country where many people have not yet seen the country of the isolated island and the spot not hit by shine.

Ayano Kuromizu

 

 

普段、私たちがメディアでよく目にする国々は、欧州や米国、リゾートなどごく限られた一部の国々です。

世界には245の国々があり、それぞれの国々に美しい景色、美しい人々、独自の文化、遺跡があり、一つとして同じものはありません。

どれもが唯一無二で光り輝く存在です。

それに反して、世界どこに行っても闇があり、私たちの見えないところで紛争があり貧困があり、危機を迎えている国もあリます。

時代の流れと共に文化が剥奪され、自然が破壊し、近い将来同じものを目にすることはできないかもしれません。

そんな変化を迎えている地球を自分の目で見てみたい、記録してみたいと強く思うようになり、245カ国全ての国を訪問する目標を掲げました。

 

現地につけば私は風のように一瞬で過ぎていくただの旅人です。

その時だけ政治や文化を知り得ても、その問題に対峙できることはなく、多くを語ることは到底できません。自分の不甲斐なさを実感する日々です。

ですが、旅を続けていくうちに写真家として、私が見たその国の美しさは私にでもを伝えることができるのでは思い始めました。

美しさとは人間の根元にある普遍的な事柄です。そして、その美しさは後世に残しておくべき神様からの贈り物です。

どの国にもどの辺境にも、宝石のような素晴らしいものがあります。

ひとりでも多くの方がまだ見ぬ孤島の国や、スポットが当たっていない遠い国に目を向けてくださいますように。

黒水 綾乃